スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment (-) @ スポンサー広告

ほっとしている

2016/06/22
今夜はセカムズの放送はないんだな~と思うと、寂しいようなほっとしたような、抜け殻状態です。
毎週、楽しみにしてきたセカムズですが、はじめから全力で楽しめていたわけではなくて、私もラブコメのラブの部分にざわざわしちゃっていた派です。
すごく楽しい反面、先の読めない脚本に毎週ドキドキハラハラの連続でした。
なので無事最終回を迎えてほっとしました(笑)
長かったようなあっというまだったような3か月。
緊張感から開放されて、今度は新たな気持ちで映画の製作発表を楽しみに待ちたいと思います^^

さて、ここからは何でも来いという方のみお読み下さい。
あえて言葉を選びませんので、言いすぎだと感じる方も多いと思いますので、どうか自己の判断・責任でお願いします。
放送中に共演女優・俳優さんを悪く言う方を見かけました。
「あの女」という表現に、醜い嫉妬を超えて悪意を感じました。
大野智ファンブログを掲げて書いている以上、たとえ相手役や共演者俳優さん達に嫉妬や不満を感じたとしても書き方があると思います。
誰の眼に留まるかもわからない、不特定多数の人が目にするブログという媒体でそういう理性も品位の欠片もない表現をされるという事の意味をもう少し考えたらどうなのかと。

もしも悪意ある表現が相手方の関係者の目に留まったとして、大野君と共演すると理不尽な反応が返って来るのかと思われたら?
不当な評価を書き立てられて、俳優自身のモチベーションやイメージが下がってしまうようなことがあったら?
もう大野君との共演は望まないと思われてしまったら?

大野君の可能性をつぶす事になりませんか?

自分が責任の取れないことで、大野君、嵐さんに迷惑のかかることを平気でしている人を目にする事がこれまでもありました。
自分のとった愚かな行動が、しいては嵐の評価を下げることに繋がるかもしれない。

好きだから、ファンだからしょうがないって、そんな風に開き直って、何をしてもいいと思ってるの?

本当にファンなら、本当に好きなら、一番大切にしなければいけない人達くらいわかるでしょうに。

それを私よりも長く生きた人間がわからないのかと思うと残念でなりません。

ラブコメがきついと感じたり、共演者に嫉妬したりするのは仕方のないことです。
脚本にイライラしたり、物語がつまらないと感じるのも個人の自由。
百人いれば、受け取り方は百通りあります。

だけどよく知りもしない俳優さんを共演したというだけで嫉妬の対象として悪し様に書くのを私は仕方のないことだとは思いません。

心の中で思うのは自由。

だけど例え思っても黙っとけよ(`^З^´♯)


以上、口汚くてすみませんでした。


スポンサーサイト
comment (-) @ 嵐
5大ドームツアー&ワクワク学校 | ニノちゃん誕!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。